HOME各種予防接種

各種予防接種vaccination

病気が進行しやすいからこそ適切な「予防」が大切です

病気が進行しやすいからこそ
適切な「予防」が大切です

ワンちゃんやネコちゃんは、人間に比べてはるかに寿命が短く、病気にかかると進行も早いのが特徴です。
また言葉を発しないため、私たちが彼らの具合の悪さに気付いた時には遅い場合も多々あります。
しかし、あらかじめ予測される将来の病気に対して「予防」をしておけば、発病のリスクを大きく抑えることができます。

当院では、ワンちゃんネコちゃんの予防接種や予防治療を各種行っております。
大切な家族のかけがえのない命を守るためにも、定期的にご来院ください。

予防接種・予防治療の種類

狂犬病 予防注射

狂犬病とは?

ウィルス性でワンちゃんはもちろん、人間を含む全ての哺乳類に感染する病気です。
発症すると風邪に似た症状から始まり、やがて脳神経や筋肉が麻痺し、こん睡状態に陥って100%死に至ります。
日本では狂犬病予防法によって、生後91日以上のワンちゃんは年に1度の予防接種が義務付けられています。

予防接種について

狂犬病の予防注射は、公園や公民館などで一斉に行う集合接種があるほか、当院のような動物病院では1年中受け付けております。
当院では、予防接種の際に健康診断を行うなど、全身管理も同時に行えます。

予防接種を受ける時期
  • 生後3~4ヶ月より
  • 年に1度の接種が国から義務づけられている

混合ワクチン接種

混合ワクチンとは?

何種類かのワクチンがミックスされているワクチンです。
感染力が強く、発症した際に重症化しやすい病気に対して耐性をつくるための大切なワクチンなので、ぜひとも受けさせましょう。

混合ワクチンの種類

混合ワクチンは以下5種類の病気・ウィルスに対する予防効果があります。

  • 犬ジステンバーウィルス感染症
  • 犬パルボウィルス感染症
  • アデノウィルスI型感染症(犬伝染症肝炎)
  • アデノウィルスⅡ型感染症(犬伝染症気管支炎)
  • パラインフルエンザウィルス

この5種類の混合ワクチンに、コロナウィルス感染症やレプトスピラ感染症などのワクチンを加えて行うこともできます。
詳しくはご相談ください。

予防接種を受ける時期
  • 生後2~3ヶ月目に最初の予防接種を受ける(ペットショップで接種済みの場合もあるので要確認)
  • 期間をあけて2~3回行う

フィラリア予防

フィラリアとは?

蚊によって感染する病気です。10~30センチほどの細長い虫が心臓に寄生するので、発症してしまうと治療が難しい病気です。
日本は蚊が多いため、室内で暮らしていても感染しやすくなります。そのため定期的な予防が必要です。

フィラリアに感染すると以下のような症状が出ます。

  • 呼吸困難
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 悪化している場合は突然死
予防法は?

服用する予防薬や背中に垂らすタイプの予防薬を使います。

  • 生後2~3ヶ月より毎年
  • 蚊が発生する時期(5月~12月※地域により異なる)の1ヵ月以内から、蚊の活動終了後の1ヵ月以内まで、毎月1回の予防薬の投与が望ましい

ノミ・ダニ予防

ノミ・ダニが寄生したら?

ワンちゃんの体毛の付け根に黒いゴマのようなものがポツポツ見えたり、ワンちゃん自体が体を痒がるようであれば、ノミやダニが寄生している可能性があります。
悪化するとアレルギー性皮膚炎に移行することもあるので、定期的な予防が必要です。

予防法は?

服用する予防薬や背中に垂らすタイプの予防薬を使います。

  • 生後2~3ヶ月より
  • 1度の実施で予防効果は2~3ヶ月ほど。定期的な予防が望ましい。

当院のアプリ始めました

当院のアプリ始めました当院のアプリ始めました