HOME健康診断

健康診断checkup

1年間でも体調の変化が大きいペットたち定期的な「健康診断」を受けましょう

1年間でも体調の変化が大きいペットたち
定期的な「健康診断」を受けましょう

ワンちゃんもネコちゃんも、人間よりはやく年をとります。
その分、1年間の体の変化は大きく、飼い主が気付かないうちに病気になっていることもよくあります。

それを防ぐためにも、定期的に全身状態をチェックする健康診断が有効です。
これにより病気の早期発見ができたり、予防を徹底することができ、ワンちゃんネコちゃんの健康を維持するのに役立ちます。

当院では、健康診断の結果をもとに、日頃の生活習慣の指導やアドバイスも行っています。

健康診断を受けるタイミング

基本的な身体検査は、年に1度は受けるのがベストです。
その結果に応じて、他の検査も重ねて行います。
7歳以上の老齢になると体調の変化も大きくなるので、まめに健康診断・健康相談を受けられることをおすすめします。

健康診断の種類

問診・身体検査

問診・診察によってワンちゃんネコちゃんの全身状態を調べます。
体重測定から、視診、触診、聴診、打診などを通じ、病気の可能性や皮膚の状態、関節の動きまでをチェックします。
また問診により、ワンちゃんネコちゃんの日頃の生活習慣を確認し、より健康になるためのアドバイスも行っています。

糞便・尿検査

糞便検査や尿検査はさまざまな病気を早期に発見するために有効です。
定期的な検査をおすすめします。

糞便検査

内部寄生虫や各種細菌の有無、潜血反応、消化試験、すい臓外分泌機能など、幅広い検査ができます。

尿検査

タンパクや糖、結晶などの有無が分かるほか、赤血球・白血球の比重なども詳細に測定します。
腎不全などの腎疾患や、尿路疾患、内分泌疾患の早期発見ができるだけでなく、全身症状を診るのにも適した検査です。

血液検査

採血によって赤血球・白血球など血液成分の状態を調べます。
これにより、肝臓・腎臓の機能低下やその他の臓器の状態、持病の進行具合などを診断でき、より的確な治療計画が立てられます。

レントゲン検査

基本的な検査結果をふまえて、所見が疑われる箇所(胸部・腹部など)のレントゲン検査を行います。
心臓の働きやその他の臓器の状態、腫瘍の有無を診断することができます。
また、椎間板ヘルニアなど関節の疾患についての診断にも有効です。

心電図検査

心電図の機器を取り付けることで、心臓の動きをとらえ、状態を知ることができます。
心疾患の発見はもちろん、呼吸器疾患、内分泌疾患、神経疾患の診断にも有効です。

エコー検査

心電図などでは診断しにくい内臓疾患や、レントゲン検査を行えない妊娠中のワンちゃんネコちゃんに対しては、超音波によるエコー検査を行います。
ガンや肝硬変などの状態を知るのにも有効です。

ガン検査について

基本的な身体検査に加えて各種検査を行うことにより、トータルな診断からガンの早期発見に努めています。

当院のアプリ始めました

当院のアプリ始めました当院のアプリ始めました