HOME避妊・去勢手術

避妊・去勢手術castrate

望まない妊娠をなくすほか病気予防にもなる「避妊・去勢手術」

望まない妊娠をなくすほか
病気予防にもなる「避妊・去勢手術」

将来、赤ちゃんをつくる予定がないワンちゃんネコちゃんには、「避妊・去勢手術」という選択肢があります。

これは繁殖を抑えるだけでなく、他のペットとのトラブル防止や将来の病気予防にもなるという一面があるので、ワンちゃんネコちゃんを迎えることになった飼い主様はご検討ください。

避妊・去勢手術のメリット・デメリット

メリット

■望まない妊娠を防ぐことができる

■病気の予防になる

  • ♂・・・前立腺肥大、会陰ヘルニアなど
  • ♀・・・子宮内膜症、子宮蓄膿症、乳腺腫瘍など

ネコちゃんの場合は、交尾やケンカによる猫白血病や猫免疫不全ウィルスへの予防効果が期待できます。

■トラブル防止

  • 攻撃性が抑えられることで、発情期のイライラは、他のペットとのケンカを防止する
  • 無駄な遠吠えを抑える
  • マーキングが減少する

デメリット

■太りやすくなる(食生活に特に気をつける)

避妊・去勢手術の内容

外科手術によって、男の子は精巣摘出、女の子は子宮卵巣摘出を行います。
手術時間は20分~30分です。
ワンちゃんネコちゃんには負担がかからないよう全身麻酔を施します。
当院では外科手術においても万全の設備を整えていますので安心です。

手術の時期

男の子

生後6ヵ月~1年くらい
生後6ヵ月を過ぎるとマーキングをするワンちゃんが増えてくるので、その頃に去勢手術をすることをおすすめします。

女の子

生後6~7ヵ月
この頃が初めての発情前(生理前)になります。この段階で手術を行うと、乳腺腫瘍の発症を高い確率で防ぐことができます。

手術の注意事項

  • 避妊・去勢手術は事前の予約が必要です。
  • 手術前の検査でワンちゃんネコちゃんの体調が優れない場合は、手術をお断りすることがあります。

手術に関しての事前相談も受け付けます

避妊・去勢手術に関する疑問点や不安点がありましたら、お気軽にご相談ください。

当院のアプリ始めました

当院のアプリ始めました当院のアプリ始めました